「モダンで力強い」読谷山焼 北窯

沖縄県の中部、中頭郡読谷村に工房を構える北窯(きたがま)。
北窯は、宮城正享、松田共司、松田米司、與那原正守の4名の親方が所有する共同窯。この北窯で創りだされる作品の数々の火入れはわずかに年5回。

作品は年に5回しか焼かれないということである。

伝統的なスタイルの登り窯で焼かれる「読谷山焼(読谷焼)」はモダンで力強く、釉薬の色使いも非常に美しい。

南の島の豊かな風土と気候に恵まれたこの読谷村で数々の「やちむん」が創り出されていく。

※「やちむん」とは沖縄の方言で焼き物という意味です。

北窯.com WEB STORE

カテゴリー別の商品ページになります。

マカイ(お茶碗)

カップ&ソーサー

大皿

ふたもの

マグカップ

湯呑み

フリーカップ

酒器

急須"

その他